きちんと知っておくべき全身脱毛のこと

全身脱毛を受ける際に自分自身で毛抜きなどで処理をして肌を傷つけてしまわないよう気を付けてください。

 

施術前にむだ毛のお手入れができないと不便ですので肌に負担が少ない電気シェーバーを使った処理をしてください。

 

そしてもう一つがなるべく日焼けを避けつ事も大事です。

 

フラッシュ脱毛と呼ばれる施術は日焼けしている肌に対してうまく毛の探知ができずに火傷などのトラブルが起きやすいため日焼けしている黒い肌は施術を断られる事もあります。

 

体調を考え脱毛の予定を立てることも大事です。デリケートゾーンの脱毛を行うとき女性の場合生理中は施術を受けれません。

 

生理前後は肌の調子も敏感で、体の調子も不安定なのできちんと考え脱毛の予約をとってください。妊娠中または妊娠予定がある女性も施術は受けれません。

 

レーザー脱毛で胎児に影響少ないと言われてますが妊娠中は肌も敏感など体などのさまざまな変化がありますので安全のため施術は控えたほうがいいでしょう。皮膚炎などの重度の人も同じく控えましょう。

 

色素沈着があると脱毛の効果がなく満足いく施術を行えないためきちんと肌の治療をし肌の調子がいいときに脱毛しましょう。

 

脱毛後の注意点もあります。

 

全身脱毛後はレーザーの熱が体にこもっている状態、レーザーによって肌が軽いやけどの状態でいて肌が傷つきやすくなってます。

 

肌に熱がこもっているときはクリームなどを塗り蓄積されたダメージを肌から取り除いてください。肌を守る事も大事です。

 

夏場の暑い時期でも薄手のカーデガンなどで直接太陽の光を肌に当てないようにし気をつけてください。

 

メラニンが作られシミになる可能性があるので肌をきちんと守ってください。

 

施術後の入浴は大丈夫です。

 

肌が炎症している状態ですので2~3日の間はシャワー、湯船につかるとき温度を38度前後にして入ってください。

 

サロン側からの説明をきちんと聞き、気をつけるべき点をきちんと理解し、全身脱毛を行ってください。

コメントは受け付けていません。